ポーランド         ウクライナ侵攻から2年経ち経ち当初から注目されていましたが私が注目していたのはこの二人です

  先ず最初は私が一番好きな女優だったナスターシャ キンスキーを一躍有名にしたテス(1979)を撮ったロマン ポランスキー監督でした。ポランスキーは父親がユダヤ人のために子供の頃母親がナチスに捕まりアウシュビッツで虐殺されおり.身の安全のために各地を転々として暮らしそんな中でも映画の勉強をして評価を受けた作品を発表します。が しかし共産党の独裁のポーランドでは自由な作品が作れずに欧米に逃れます。そこでは自由なものが作れたこともあり持って生まれた才能を発揮して次々に傑作を発表します。映画での名声は高くなったのですが.私生活ではイギリス時代に撮った吸血鬼(1967)の主演をした美人女優のシャロン テートと結婚して子供を授かるのですがタランティーノ監督のワンス アポンアタイム イン ハリウッド(2019)でも描かれていた母子虐殺事件に遭遇します。この映画では描かれてなかったのですが殺人事件は実はポランスキー夫婦の前に住んでいた人間と間違えたヒッピー集団の犯行で巻き込まれ事件みたいなものだったようです。母親に続き奥さんまで虐殺されて本当に可哀そうな人だと思います。


www.youtube.com

 私は学生時代に白黒のヨーロッパ映画を好んで見ていたのですがその中でベスト3に入ると思っているのが灰とダイヤモンド(1958)という作品でそれを撮ったポーランドの監督がアンジェイ ワイダです。ワイダは第二次世界大戦中は対ドイツのレジスタンス運動に活発だったのですが.戦後は映画が好きだったこともあり国立映画大学に通い技量を身に着け持って生まれた反抗心を映画で表現したように思います。そんな彼の世間的にも私自身も最高傑作と思われるのが灰とダイヤモンドで.こちらでは対ソビエト工作員の青年の悲劇を描いたものでしたが.白黒のとても綺麗な画面で構成もとても素晴らしい作品でした。


www.youtube.com

マチカネワニ             激動の年明けでしたが古代中国のこの動物が今年の干支のモデルという説があるそうです。

 今年は辰年ということで竜が出てくる映画で私が一番好きな作品を挙げたいと思います。おじさんがこどもに読んでいる本から物語が展開するネバーエンディングストーリー1984 ウォルガング ベータ―ゼン監督)という作品でその当時主題歌(現在も時々CMなどに使われている曲です)も含めて続編もできる程の大ヒットした作品です。本を読んでいる少年が物語の中に入り込んでいく形で進行します。その作品の中では少年は相棒として竜の怪物みたいなものに乗って冒険するのですが.私はとても可愛い表情の竜らしい生き物が好きで何度も見返した記憶があります。リマールという当時イギリスの人気バンドカジャグーグーのボーカルと映画本編を散りばめた映像の良さで映画を見に行きたくなったのですが.映画をを見るきっかけがMⅤだったのは初めてだった記憶があります。


www.youtube.com

 さて竜のモデルとも言われているワニの映画ですが.ワニが人間を襲うというのはサメほどの迫力が無いためにあまりないと思うのですが.ワニが出てくる映画でクロコダイル ダンディーピーター フェイマン監督 1986)という映画は2年後に続編が出る程ヒットした作品で私も好きな作品でした。内容としてはジャングルでワニと格闘しながら生活している男性を都会の女性記者が惹かれあい結ばれていくというものでしたが社長令嬢ながら男勝りな女性がジャングルで数々のトラブルに逢いながらそれを助けてくれる都会にはあまりいない逞しい男性に惹かれていくところがうまく描かれていたと思いました。


www.youtube.com

フェイル セーフ           羽田の事故がありこの映画の事を思い出しました

 核戦争の恐怖を描いた未知への飛行(原題 fail safe シドニー ルメット監督 1964)という作品はコンピューターの度重なる誤作動でアメリカの爆撃機が核爆弾をモスクワに投下してしまうというストーリーなのですが.この映画でのフェイルセーフは戦闘機がそこを超えてはソビエトとの交戦状態に入る限界点のようなものだったと思いますが.現代では機械の誤作動や人間の錯覚による行動などを防ぐシステムの事を表している言葉らしいです。映画の方はアメリカ大統領役を名優のヘンリーフォンダの演技により緊迫した場面が続く私の好きな作品のです。内容としてはアメリカの戦闘機がトラブルの連続でソビエトの領空に入ってしまいモスクワを爆撃してしまうといったもので派手な場面など無くほぼ会話劇のみで描いているものでした。シドニールメットはアメリカでは珍しいハリウッド的な大作でない作品を撮る監督でそのなかで評価の高い作品を沢山撮っていますがその中ではあまり有名ではない本作だと思うのですが優れた作品だと思います。


www.youtube.com

 こんな素晴らしい作品ですがこの作品が作られた年によく似た内容で核戦争の恐怖をコメディ要素を含めた演出で話題をさらった映画により公開もずらされ当時はあまり注目はされなかったようです。その作品が私が何度も取り上げているスタンリー キューブリック監督作品で博士の異常な愛情という作品でした。こちらは機械の誤作動というより狂った人間による恐怖というものだったのですが確かに見る人にとってはこちらの方が面白く思ったとは思います。唯 キューブリックの作品をほぼ全作見ている私が思っていることは彼の凄さはこの作品の次の作品である2001年宇宙の旅からだと思っている私にとっては上記の未知への飛行の方が好きな作品です。


www.youtube.com

ラーゲリより愛をこめて            私のベスト邦画に比べておとなしめでこのぐらいなら楽に見れると思いました

 最近 二宮和也主演のラーゲリより愛をこめてを見て私の今まで見た邦画のベスト3作品を思い出しました。全て白黒映画で(一作品は意図的カラーを外してるのですが)人間の條件小林正樹監督) 浮雲成瀬巳喜男監督) 泥の河小栗康平監督)なのですが.この中では今から60年以上前の作品の人間の條件(全6部 全部見ると10時間以上の作品)が私のベスト1だと思う作品でこの作品は劇場ではなく年始の特番で一挙上映をテレビで見たのですがこれ程長い映画なのに一切飽きることなく見続けていた記憶があります。内容としては正義感の塊のような人間の一生を太平洋戦争の戦前戦後の葛藤を描いたものでしたが元々優秀な人物でうまく世渡りをしていけば楽に行けるのにその所属ごとの問題点にことごとく抵抗していく人間を仲代達也が演じたものでしたが私など到底できないのものでこんな人間はまずいないと思ったものでした。ラストのシベリア抑留でのシーンがラーゲリを見て思い出した場面なのですが.人間の條件の方は救いの無い終わり方で年齢を経た現在ではつらくて見れない場面だと思うのですが二宮さんの方なら許容範囲だと思いました。


www.youtube.com

 人間の條件を撮った小林正樹監督はもともとは抒情的な作品を撮っていたと思うのですが人間の條件から社会派の監督に変貌したように思います。この後撮った切腹(1962)という作品は私は彼の作品では次に好きな作品です。10年程前一命というタイトルで市川海老蔵主演で再映画もされている面白い内容なのですが.断然切腹の方が良い作品だと思います。この時代の仲代達矢の演技は最高潮のためでもあると思うのですがやはり監督の演出力の差かなと思います。切腹カンヌ映画祭でも特別賞を取っているのですが当然のように思います。


www.youtube.com

 















ヒュー ハドソン          今年亡くなられたのですがこの人も含めて英映画で印象に残っているシーンは走っているところです

 晩年はアメリカでも話題作を発表していたトニー リチャードソン監督はイギリスのフリーシネマ(ドキュメンタリータッチな今までにあまりない表現方法)という映画の波の牽引役のような人物でした。有名監督の場合(例えばクリストファー ノーランのような監督もイギリス出身)出身地と違った場所(ハリウッドなど)で活躍している人物がいると思うのですが.しっかりイギリスを主体にしていたような印象を受ける監督でした。私が彼の作品を初めて見たのが長距離ランナーの孤独(1962)という作品で感化院(非行少年を更生させる保護施設)に入っている少年の抵抗を描いているもので.内容としては窃盗のプロのような少年(逃げ足が速い為)がクロスカントリーレースで権威を付けをしたい感化院長に反抗してトップの状態でゴールの前に行きながらゴール前で立ち止まって抵抗するというものでかなりショッキングな作品だと思いました。


www.youtube.com

 今年の初めの方に亡くなれたヒュー ハドソンは作品の方は知らなくても現在でもCM等で良く音楽が使われている炎のランナー(1981)という作品で有名な監督でした。映画の内容としてはイギリス人のケンブリッジ大学の一人はユダヤ教徒の学生ともう一人は聖職者の学生の友情も含めた物語でした。神様の為に走る一人と偏見に立ち向うために走る一人を安息日に走れないエピソードなどを付け加えて感動的仕上げた作品で.音楽家ヴァンゲリスのテーマ曲を有効に使い巧みに演出してその年のアカデミー作品賞を受賞しました。この時代はハドソンはデビューしたばかりでしたので期待したのでしたがその後はもう一つだった気がします。

 


www.youtube.com

サウンド オブ サイレンス        JFK暗殺から60年経ちましたこの曲はS&Gが彼の死に触発されて発表しましたが違ったところで有名になった印象があります

 ジョンFケネディがダラスで暗殺されて丁度今年の11月で60年になるのですが.当時サイモンとガーファンクルの曲担当のポールサイモンがこの事件に触発されてこの曲を発表しました。そしてこの曲は後に公開されて今でも名作と言われているダスティホフマン出世作と言われている映画で有名になりました。                                                                                  ダスティホフマンですが.身長が165㎝程度で顔も若い時から同じように小柄なトム・クルーズのようなイケメンではないのですが.そんな彼を一躍有名にしたのが卒業マイク ニコルズ監督 1967)という作品でこの作品が彼をスターにした印象があります。内容的には親子ほど離れた中年の女性との不倫の話で取り立てる程の内容は無く全編を通じてのサイモンとガーファンクルの曲 スカボローフェアミセスロビンソンなどの曲が素晴らしいと思うぐらいで.作品的な評価は高いようですが何か雰囲気だけが良い映画という印象が私自身にはあります。ラストシーンの少し前にある教会からの花嫁強奪シーンが今でもドラマでも使われており有名ですが.私はラストで逃げる二人が先に不安を感じているシーンが好きでそこで流れているサウンドオブサイレンスがとても効果的だと思いました。


www.youtube.com

  他に音楽が効果的だと思うのがビージーズの名曲で彩られた小さな恋のメロディワリス フセイン監督 1971年)という映画です。当時アイドル的な人気を誇ったトレーシーハイドの可愛さが映画がヒットした要因の一つですが.しかし 幼い男女の恋の逃避行の映画で内容的には大したことなかったようにも思います。私自身は劇中曲担当のビージーズは素晴らしかったためにその音楽が一番の要因だと思う作品でした。


www.youtube.com

 

バトルロワイアル               元先生役のビートたけしと深作欣二の凄さを感じた作品でした 

 バトルロワイアル深作欣二監督 2000)という作品は中学生が法律によ最後の一人以外全員死ぬまで殺し合いをするという作品で当時PTA団体などからかなりのクレームがあった作品ですが.この作品を撮った監督はあらゆるジャンルで高い評価を受けていた深作欣二という人なのです。最初この作品を見た時に彼の最初の大ヒット作の仁義なき戦い(1973)をふと思い出しました。彼はこの当時は東映という高倉健鶴田浩二が出ていた任侠映画の有名な映画会社の所属でしたがそれを全く否定するような内容だったからです。任侠映画というのは義理人情を重んじて一般の人には手を出さないようなものでしたがチンピラが集団で相手を仁義も何もなく殺しまくるような映画を作って大成功させてしまったのです。その後はやくざ映画は抗争で相手を叩き潰すような映画ばかりになり任侠物など殆ど作られなくなってしまったのです。彼が凄いと思うのは時代劇というジャンルでもそれまでにないようなアクション物の傑作柳生一族の陰謀(1978)という今までにないような大作を作ってしまいました。


www.youtube.com

 上に挙げたバトルロワイアルはヤクザ映画や時代劇での彼の先進的な試みがいかされたのか海外も含めてその後ジャンルとしてデスゲーム的な作品が次々に次々に作られるきっかけとなりました。彼の作品では以前のブログにも挙げていたバトルロワイアルのきっかけになったのかと私自身が思っているその当時には日本では珍しかったバイオレンス作品であるいつかギラギラする日(1992)が私は一番好きな作品です。 


www.youtube.com